ナンジャタウンといえば「餃子スタジアム」。全国のご当地餃子が食べられることで有名です。

昭和30年代の街並みを再現したレトロな雰囲気の中で食べる餃子はまた格別に美味しそうです。

 

その餃子スタジアムに入るには入場料金がいるのでしょうか?

何か割引方法はあるのかは気になりますよね。

 

アトラクションで楽しんだら美味しい餃子をお得に食べてみたいもの。

 

そこで今回は、ナンジャタウン餃子スタジアムの入場料金割引について調べてみました。

スポンサーリンク

ナンジャタウンの餃子スタジアムの入場料金はいくら?

 

餃子スタジアムの入場料金についてですが、

ナンジャタウンの入場料金を払えば餃子スタジアム自体の入場料はかかりません。

 

ナンジャタウン入場料金は、大人500円子供(4歳から小学生以下)300円です。

 

餃子スタジアムはナンジャタウンの敷地内にあるので当たり前かもしれませんが、餃子だけを目当てにいくのなら、少し高く感じる料金ですね。

 

ですので、どうせ行くのでしたら、ナンジャタウンの遊びゾーンも含め、全体的に楽しむ目的の一つとして餃子スタジアムでお食事をするのが良いと思います。

 

餃子スタジアムの店舗での料金支払いは、普通の屋台のイメージをしてもらうと理解しやすいと思うのですが、支払い方法は現金のみになります。

 

支払いにクレジットカードは使えないので気をつけてくださいね。

 

※ナンジャタウン全体の入口で入場料やパスポート代を支払う時は、現金はもちろん、クレジットカード払いする事もできますよ。

スポンサーリンク

割引するための方法はある?

 

さて、餃子スタジアムに割引はあるのでしょうか?

 

調べてみたところ、3パターンの方法で、割引およびサービスがうけられる事がわかりました。

 

餃子スタジアムの他にアトラクションもいろいろ楽しむ場合

 

パスポートを買うのを前提にした方法です。

  • クラブ・ナンジャ無料登録後、マイページを掲示する。または、ナジャム倶楽部カードでクレジット決済をする。

 

この方法だと一日フリーパス大人3300円のところが3000円300円割引になります。

 

  • 「クラブ・ナンジャ」に無料登録後、マイページを掲示し、さらにナジャム倶楽部カード(クレジットカード)で支払う。

 

上記と同じフリーパスが、通常大人3300円から400円割引で、2900円で入れます。

 

入場料だけを払い餃子スタジアムを利用する場合のサービス

 

  • サンシャインシティカード:餃子スタジアム内で1店舗1000円(税込)以上購入の際サンシャインカードを提示するとお店指定のドリンクが一杯サービスになります(ナンジャタウン餃子スタジアムのお店のみ。)

 

※サンシャインシティは、ナンジャタウンや水族館、展望台、博物館、専門店などが入っている複合施設です。

そこで作る事が出来るクレジットカードがサンシャインシティカードです。

ちなみに、過去にはコンビニなどから買える前売り券というものが存在しましたが、2017年現在では、前売り券の販売はされていません。

 

フリークーポンなどもなく、JAF割引もありませんので、上記の方法がナンジャタウンの餃子スタジアムの料金を割引する方法という事になりそうです。

 

※ナンジャタウンのアクセス情報などはこちらの記事から。

 

餃子スタジアムのおすすめは?

 

こちらの動画をご覧ください。

たまごっち(くちぱっち)とお姉さんが餃子スタジアムを調査しています。

実際に映像で餃子スタジアムの中の様子や餃子を見る事が出来ますので、イメージしやすいと思います。

 

動画【ぶらり旅】#08 おいしいギョーザをちょーさしにナンジャタウンをぶらり 【たまごっちTV】

 

この動画では、全国の餃子が30種類も集められていて食べやすいサイズ感だという事もわかりますね。

 

餃子スタジアムには2017年現在で、「鉄なべ荒江本店」「丸満」「包王」「華興(全国たれ比べ餃子で販売)「四五六菜館」「皇蘭」「老李」「ニイハオ」「安亭」「宇都宮餃子館」「石松」「全国たれ比べ餃子館」「北海十勝餃子」というお店が入っています。

 

ビールやハイボールの取り扱いもあり、もちろんソフトドリンクも置いてあります。

「餃子には白いご飯!」という人のためにライスを置いてある店舗もあります。

 

おすすめは餃子の「食べ比べ」

一度にいろいろなお店の餃子が食べられるのは便利ですね。

人それぞれ好みはあると思いますので「これ!」というお気に入りの餃子を是非探してみてください。

 

どんな食べ比べがある?

 

動画でも紹介していた食べ比べですがどんなものがあるのか調べました。

 

  • 食べ比べ3店盛り 8個660円

横浜中華街「四五六菜館」、神戸南京町「皇蘭」、長崎新地中華街「老李」という「日本三大中華街の共演」がおすすめです。

 

  • 食べ比べ2店盛り 4個490円

 

羽根付き餃子の共演です。羽根付き餃子を生み出した蒲田の「ニイハオ」、チーズ羽根つき餃子の「安亭」羽付き好きにはここの2店の食べ比べが楽しみですね。

 

  • 全国タレ比べ餃子

 

厳選した全国の餃子に合うタレを揚げ餃子(豚肉が餡)で楽しみます。

全国を6地区に分け、各地区の代表メニュー6品と季節のメニュー1品のタレ比べを楽しむことができます。

ナンジャタウンの「餃子スタジアム」でしか味わえないタレ比べです。餃子食べ比べだけではなくタレ比べって楽しそうです。

 

例えば関西代表「あさひおろポン焼き餃子」(6個400円)やうどんに餃子がのっている中国・四国代表「さぬきうどん餃子」6個400円など、なかなか他では食べられない餃子でタレ比べができますよ。

 

どんな餃子を食べようかたくさんあって迷ってしまいそうですね。

 

持ち帰りも一部の店舗でできるのでお店で確認してみてください。

 

まとめ

 

ナンジャタウンのお楽しみはアトラクションだけではなく食べ物のお楽しみもあるのがいいところ。

「餃子スタジアム」は全国のいろいろな餃子を食べられるのがうれしいですね。

 

ビールやハイボールが飲めるのも餃子をおつまみにしたい大人には嬉しいポイント。

友達や家族と焼きたて餃子やタレを食べ比べたり、アトラクションもしたりと楽しい一日になりそうです。

 

餃子はテイクアウトもできますので、親しい方へのお土産に買うと喜ばれそうですね。

 

ナンジャタウンは、餃子スタジアムも含め、朝の10時から夜10時まで開いているので、小腹をすかせておいしい餃子を食べてくださいね。

スポンサーリンク