東京池袋にあるアミューズメントスポット「ナンジャタウン」では、妖怪ウォッチや様々なアトラクションがあります。

さらに期間限定のイベントも開催している事もあり、「口コミなどの評判はどうなの?」と気になる方も多いと思います。

 

ナンジャタウンには、妖怪ウォッチ好きにはたまらない、コラボメニューのかわいいデザートやカレーがあったり、フィギュアなどグッズ販売もしているという事で注目が集まっているようです。

 

そこで、今回は、そんなナンジャタウンの妖怪ウォッチを実際に体験した方の口コミをもとに、ナンジャタウンの妖怪ウォッチの評判がどうなのかという事について調査してみました。

 

スポンサーリンク

ナンジャタウンってこんなところ!

 

 

ナンジャタウンとはアミューズメントスポット事業会社であるナムコが経営する屋内型テーマパークです。

 

場所は東京・池袋にあるサンシャインシティ・ワールドインポートマートビル2階にあります。

 

ナンジャタウン住所:東京都豊島区東池袋3丁目 サンシャインシティ・ ワールドインポートマートビル2階

 

 

開園時間は朝10時から夜10時まで、最終入園は夜9時までです。

ナンジャタウンではゲームやアニメとのコラボイベントが楽しめたり、餃子スタジアムでご当地餃子の食べ比べたりも出来るので、アニメファンや家族連れ向けの施設といえますね。

 

ナンジャタウンは3つのエリアに分かれています。

 

1.ドッキンガム広場

 

 

ドッキンガム広場のシンボルは巨大なグミの木。

ここは、ナンジャタウンのメインキャラクター「ナジャヴ」のライバルの、「モジャモジャ団」の団長、モジャヴが創った街という設定になっています。

 

モジャモジャ団の活動内容はナジャヴを困らせる事で、団員になりたい方はかっこよく敬礼して、「モジャー!」と発声するとなれるそうですので、勇気のある方はやってみてください(笑)

 

ここでのアトラクションの特徴は、宝探しのような見えない敵を探して見つけるゲームがあったり、「ナンジャ探偵団」というナンジャタウンの謎解きを楽しめるアトラクションなど友達や家族で楽しめるアトラクションがいくつかあります。

 

遊びエリアは、3の「もののけ番外地」もありますが、小さい子どもさんには少し怖く感じる雰囲気もあるので、まずはこのエリアで楽しんでからその流れで行くのがよいかもしれませんね。

 

2.福袋七丁目商店街

 

昭和30年代の日本の懐かしい街並みを再現したエリアで、フードエリアになります。

全国のご当地餃子の食べ比べが出来る「ナンジャ餃子スタジアム」やいろいろなデザートが楽しめる「福袋デザート横丁」があります。

 

デザート横丁にはパンケーキcaféや、クレープ、ジェラート、ご当地アイスを食べ比べできるパーラー、かわいいデコデザートが食べられる限定ショップもあり、中高生に大人気なんだとか!

デコデザートのメニューは日替わりになっていますのでその日に行かないと何かわからないのも楽しみですね。

 

またテレビ番組のクイズ番組のような「銭湯クイズどんぶらQ」やゲームセンターで大人気のゲームをボリュームアップさせた「ナジャヴの爆釣りスピリッツ」があったりとアトラクションも充実しています。

 

3.もののけ番外地

 

ちょっぴり暗くて怖いもののけたちに乗っ取られた街です。ここに妖怪ウォッチアトラクションが2つともあります。

他には「地獄便所」なんてすごい名前のアトラクションもあります!

気になったので調べてみたところサウンドホラーアトラクションで、耳にベッドフォンをつけて怖い雰囲気のサウンドや話声などで個室トイレに入るようです。

所要時間は5分ほどだそうですが、怖い時の5分ってかなり長く感じそうですね。

 

スポンサーリンク

妖怪ウォッチのアトラクションの内容や評判は?

 

今やっている妖怪ウォッチのアトラクションは「妖怪ウォッチ鬼時間脱出大作戦」「黒い妖怪ウォッチ もののけ探検隊」(こちらは期間限定)の2つです。

 

まずは妖怪ウォッチアトラクションといえばこれ!

 

「妖怪ウォッチ鬼時間脱出大作戦」

 

料金:パスポートまたはナンジャコイン3枚(600円)

※ナンジャコインとはアトラクションを利用するときに使うコインです。一枚200円で購入することができます。

時間:15分

内容:ウォークスルー型脱出アトラクション

専用のミニ妖怪Padを使いながら妖怪と友達になったり鬼時間から脱出するアトラクションです。

 

実際に体験した方の口コミを集めてみました。

 

 

こちらの口コミでは、混雑する日は整理券の配布があったり混雑する事があったり、スマホのような大きさの妖怪ミニ妖怪Padをつかった妖怪探しを楽しむ様子がわかってきますね。

 

時間は15分という事ですが、待ち時間の割にあっという間に終わってしまう印象の方もちらほらおられるようでした。

 

ですので、その瞬間を楽しむといった意気込みで隅々まで楽しむと良いかもしれません。

 

この妖怪ウォッチ鬼時間大脱出大作戦では、いろいろな妖怪と友達になる事が出来ますが、大人気の「覚醒エンマ」「ぬらり神」も登場していて、友達になって赤鬼と戦う事ができるようです。

どちらもかなりのイケメン最強妖怪ですので、やるからには絶対に友達にしたいですね!

 

次に期間限定で行われているアトラクションです。

 

「黒い妖怪ウォッチ もののけ探検隊」(期間限定)

 

期間:3月24日から7月2日(日)まで

料金:パスポートまたはナンジャコイン3枚(600円)

内容:ナンジャタウン園内をめぐり、もののけたちとクイズ対決をするアトラクションです。期間限定で「黒い妖怪ウォッチ もののけ探検隊」になっています。

 

 

こちらも口コミを集めてみました。

 

 

こちらの黒い妖怪ウォッチもののけ探検隊の口コミでは、大人も子供も楽しめそうなアトラクションなのが伝わってきますね!

しかし、お化け屋敷風で暗めなので中には怖がる子もいるようです

 

また、クイズが結構難しいと思った方が多かった印象でしたが、小学生からなら十分楽しめるようです。

幼児などの小さなお子さんは、大人が一緒に考えて手伝ってあげるのがいいですね。

救出できないこともあるようですがそれもまた楽しい思い出になりそう!?

 

グッズの販売をしている場所はどこ?

 

次は気になるグッズ販売についてです。

 

グッズはナンジャタウンの入口を入ってすぐにある、「ナジャモジャマーケット」で買うことができます。

お菓子などのお土産や、ナンジャタウンのキャラクターグッズもここで買えますよ

 

 

妖怪ウォッチに限定していいますと、「DX黒い妖怪ウォッチ」(5378円)「黒い妖怪メダル(ランダム2枚入り)」(259円)などが売っています。

500円以上妖怪ウォッチグッズを買うと、イベント限定「黒いポストカード」をもらえるそうですよ!

売り切れになることもあるので気をつけてくださいね。

 

ちなみに、このナジャモジャマーケットのグッズは、通信販売は行っていませんので、ナンジャタウンのグッズに興味のある方は確実にここでGETしてくださいね

 

妖怪ウォッチのコラボメニューにも注目!

 

次にコラボメニューについての情報です。

 

フードコーナーでは「鬼時間脱出大作戦コラボメニュー」4品あります。

メニュー1品ご購入ごとに、オリジナルポストカードが1枚もらえます。

ただし期間限定となっていますのでご注意くださいね。

 

◎神妖怪!覚醒エンマのすき焼き 価格:950円

◎ぬらり神の光かがやく天ぷら 価格:820円

◎ジバニャンのキュートなゼリーだニャン!! 価格:700円

◎妖怪執事、ウィスパーのソフトジェラート 価格:600円

 

 

ナンジャ餃子スタジアムでは「コマさんの黒〜い妖怪カレー」や福袋デザート横丁ではかわいい「ジバニャンのキュートなゼリーだニャン!!」2種類を食べることができます。

 

◎コマさんの黒~い妖怪カレー 価格:750円

 

◎ジバニャンのあやし~い妖汁風ドリンク  価格:600円

 

 

 

※とちらのメニューも3月24日~7月2日まで。

 

まとめ

 

今回ナンジャタウンの妖怪ウォッチについての口コミを調査してみましたが、ナンジャタウンの妖怪ウォッチのアトラクションは家族でたのしめるという評判が多いという事がわかりました。

 

子供だけでなく大人もファンが多い「妖怪ウォッチ」のアトラクションはナンジャタウンに行ったら是非楽しんでみたいですね。
コラボのフードもとてもかわいいのでこれはぜひ食べてみたいと思いました。

 

しかし、待ち時間があったり、妖怪ウォッチのアトラクションの時間自体も短いものなので、それだけのために行くと時間がもったいないのかな?という印象でした。

 

ですので、パスポートを購入してナンジャタウン全体を楽しんだり、いったん出ても再入場可能だそうなので、違うところも全体的に楽しむといったスタンスでいくと楽しい時間がすごせそうです。

 

計画的に時間を使ってナンジャタウンでたくさんの楽しい思い出が作れるといいですね。

 

スポンサーリンク