スポンサーリンク

最近は大人のものだけではないバレンタイン。小さな子供たちもバレンタインを楽しみにしています。チョコレートをもらって喜ぶ子供の笑顔を見るとこちらも笑顔に。

でもお友達からチョコレートをもらったら気になるのが「お返し」。何をあげたらいいのか、いくらくらいのものがいいのか悩むところです。

相手の親御さんに負担にならないお手頃価格のお返し、そして子供たちが笑顔になるお返しについてご紹介します。

子供がバレンタインをもらった時の「お返し」。気をつけるポイントは?

子供が遊びに行ったら、バレンタインのプレゼントをもらって帰ってきたり、幼稚園のお迎えタイムでバレンタインのプレゼントをもらったり。子供はお喜びだけど、お返しのことを考えると少し悩んでしまいますよね。

どんなお返しがいいのか気を付けるポイントについて調べてみました。

相手の負担にならない程度の額にする。

既製品をもらった場合はだいたい金額がわかりますよね。その金額に見合ったお返しをすると向こうも気を遣わずに済みます。

もしあまりに高額なものをもらってしまった場合は、今回だけは少し奮発。

そして思い切って向こうの親御さんに「これからはもう少し気楽な額で交換しませんか」と提案してしまうのも手です。

  

アレルギーに注意する。

お菓子をお返しに使う場合、小麦粉アレルギーや卵アレルギーがないか事前に聞いておくと安心。アレルギーの子供向けのお菓子も売っているので、プレゼントもできます。

心配な場合は、文房具やキャラクターもののグッズなどを用意するといいですよ。

手作りチョコやお菓子をもらい金額がわからない場合は500円を目安に。

手作りは向こうのお母さんも手伝っている上、手間もかかっているはず。

とはいえ高額なお返しは気を遣わせてしまいます。500円以内くらいのものを返す方が多いようです。

またはアレルギーなどを確認したらこちらからも手作りクッキーなどをお返しにしても楽しいですよ。子供には型抜きやラッピングをやらせると親子で楽しめます。

スポンサーリンク

【動画】【手作りお菓子】焼きチョコクッキーの作り方(子供と一緒に)

予算500円以内で買える、子供が喜ぶお返しは?

だいたい500円以内のものをお返しに使うと、お互い気を遣わずに済みそうです。

500円以内で子供が喜ぶものは、どんなものがあるでしょう。

まず思い浮かぶのはお菓子ですね。

お菓子ならホワイトデーが近づけば、特設コーナーが設置される事がほとんでですので、まずこちらでかわいらしいお菓子が選べると思います。
忙しくてなかなか行けない!という人は通販でもお菓子はたくさん売られていますよ!

◯動物好きの子に「わたろん」お値段もお手頃です。

◯くまモン好きの子に「くまモン・コロロンミルクパフ」

お菓子以外がいいなという方には…

・ 可愛い文房具など
◯マイメロディが好きな子に「マイメロのボールペン」

意外とキャラクターものを持たせたがらないお母さんもいるので、事前にリサーチしておくと安心です。そんな時はシンプルで色がかわいいものを選ぶといいですよ。

幼稚園、保育園へ通っている女の子向けではこんなのはすぐに使ってもらえて喜ばれます

◯女の子は手紙を書くのが好きな子が多いのでボンボンリボンの手紙セットも人気

   

あるママさんは、子ども自身がその子を思い浮かべて100円均一の商品をいくつか詰め合わせて、手作りのプチクッキーも入れ、プレゼント風にして手紙つきでお返しをしている方もいらっしゃいました。300円均一でも同様ですね。

単品で100円均一の商品をいくつかもらっても、なんとなく安っぽい印象が出てしまいますが、その子が本当に喜ぶものを一生懸命に考えて選び、
ラッピングにオリジナリティを出したりお菓子や手紙をつけることで、子供同士の素敵なお返しプレゼントになりますので一緒にお店に連れていって用意するのも良いかもしれませんね。

まとめ

子供がバレンタインをもらったら、親子で嬉しかった気持ちをお返しに込めたいですね。

相手の負担にならない、そして喜んでもらえるものを選びたいもの。何がいいか考えるのも楽しい時間になりそうです。

今回、いろいろと紹介しましたが、相手のお母さんや周りのお母さんと相談して決めるのも楽しめていいかもしれません。バレンタインが子供の良い思い出になるようにしてあげたいですね。

スポンサーリンク