バレンタインのチョコをもらったら、次はお返しのプレゼントの用意です。何がいいか悩みますよね。

 

お店で売っているお菓子渡しておけばいいかな?ハンカチでも喜ばれるな?と思っているあなた!

ちょっと待ってくださいね。

 

 

プレゼントには実は隠れた意味が…気軽に渡したプレゼントで誤解を受けたら大変ですよね。

バレンタインのお返しのお菓子やハンカチにな一体どんな意味があるのかについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

バレンタインのお返し選びは要注意!

 

バレンタイン、お返しはもらって嬉しかった気持ちを伝えたいし、相手には喜んでもらいたいですよね。こちらの嬉しかったという気持ちを込めて贈りたいもの。

 

ところがプレゼントによっては相手をハッピーにできたり、逆に悲しませたりする意味を持つ場合もあるのです。誤解を受けたら大変です。

どんなものにどんな意味があるのか知っておいた方が良さそうですね。

 

お菓子に含まれる意味ってどんなのがある?

 

バレンタインのお返しの定番のお菓子ですが、種類によっても意味合いが含まれているのはご存じでしょうか。

 

こちらが知らなくても相手が知っていたりすると受け取られ方も変わってしまいますので、贈る前に意味はしっかりと把握しておきたいところです。

スポンサーリンク

お菓子別の意味を載せておくのでご参考までに。

 

★クッキー★

サクサクしていて美味しいクッキー、サクサクということは・・・乾いた感じしますよね。そう、サクッとした感じの「お友達でいましょう」という意味があるそうです。義理チョコへのお返しにぴったりだけど、本命チョコをもらった時は慎重に送りたいですね。

 

 

★マシュマロ★

マシュマロは諸説あるようですが、どうもすぐ溶けちゃうところから「うすーい関係」ということで「あなたが嫌い」になってしまうとか。マシュマロは可愛いし送りたくなりますが、バレンタインのお返しにはやめておいたほうがよさそうですね。

★マカロン★

マカロンはちょっと高めのお菓子。それだけに意味も「特別な人」なのです。なんとも思っていない相手にマカロンを送ると誤解されてしまいそうなので気をつけて。本命には送りたいプレゼントですね。

★キャンディ★

お口の中に長い間とどまっているキャンディ。そこから気持ちは長く続くということになり「あなたが好きです」という意味になるそう。キャンディならお店にたくさんあって選ぶのも楽ですよね。大好きな人に可愛いのを選んであげましょう。でも義理チョコのお返しのつもりで送ったら、これも誤解されてしまいそうです。

 

このような意味があるんですね。昔のバレンタインのお返しの定番の言えば、マシュマロのイメージが個人的にあるのですが、現代ではあまりいい意味あいではないんですね。

知らなかった方は気をつけてくださいね。

 

【動画】ホワイトデーお返し -アイディア集

お返しにハンカチを送る意味って?

 

お値段もお手頃でデザインも豊富なハンカチ。ギフトには最適という印象があります。ところがなんと「ハンカチ」には「別れ」の意味があるそうなのです。

実は「涙を拭く」というイメージが風水にあるというのです。

 

「涙を拭く」=「別れ」につながりそのため風水の盛んな中国ではハンカチの贈り物は避けるという話もあるそうです。

 

その他「ベルト」には「お腹を締めて」というところから「気を抜かない」なんて意味があるそうですよ。

また「靴」のプレゼントは「相手を踏みつける」という意味があるそうです。

 

まとめ

 

バレンタインのお返し、相手には喜んでもらいたいですよね!特に本命チョコや気合の入ったチョコレートをくれた相手には、素敵なお返しをしたいもの。
最近はプレゼントの意味を、インターネット情報などから結構知っている人も増えています。お返しのプレゼント選びは慎重にしたいですね。

 

本命へのお返しの場合には、その意味を使って思いを伝えることもできますね。できたら良い意味の方でプレゼントすると素敵な思い出のバレンタインになりそうです。

スポンサーリンク