寒い空気の澄んだ時期は特にイルミネーションがキラキラ輝きステキです。
そんなイルミネーションがとっても美しく豪華なところが九州にありますよ。
それは長崎にあるハウステンボスのイルミネーション。ハウステンボスのイルミネーションには定評があり、2016年までに4年連続で夜景鑑定士認定の全国イルミネーションランキングで1位に選ばれています。
カップルやご家族などでステキなイルミネーションを感動的に楽しめると大評判です。

今回は、その1300万球も使った世界最大級とも言われているハウステンボスのイルミネーションの2016年の期間や点灯時間がいつからいつまでなのかという事と、料金や見所、口コミなどについて調べてみました。

スポンサーリンク

ハウステンボスイルミネーション2016年の期間と点灯時間はいつ?

 

開催期間

  • 2016年のハウステンボスイルミネーション期間
2016年10月29日(土)~2017年5月7日(日)

ハウステンボスは年中無休なので定休日はありません。期間内ならいつでもイルミネーションを見に行く事が出来ます。
イルミネーションの開催は、10月の終わり頃から、5月のゴールデンウィークまでと6か月もの長い期間行われていますので、家族連れの方は混雑するクリスマスシーズンをずらして行くようにすると、ゆったりとイルミネーションを楽しめるのでおすすめです。

image002

点灯時間

ハウステンボスイルミネーションの2016年の点灯時間は、日没~営業終了までとなっています。

点灯時間は日没後という事で、行く時期によって多少前後しますので何時ごろから点灯するのかよくわかりませんよね。

そこで、長崎の11月~5月までの日没時間を調べてみましたので載せておきます。

 

  • 長崎の日没時間から見る点灯時間のめやす
  • 11月・12月

17時15分~17時半の間

  • 1月

17時半前~18時前の間

  • 2月

18時前~18時15分ごろの間

  • 3月

18時15分ごろ~18時40分の間

  • 4月

18時40分ごろ~19時ごろの間

  • 5月

19時ごろ

このような時間の範囲という事がわかりました。イルミネーションの点灯時刻の参考になれば幸いです。

 

 

近畿のイルミネーションの点灯時間との違いが気になる方はこちらの記事で確認してみてください。

 

次に、点灯終了(営業終了)時間についてですが、
ハウステンボスに営業終了時間は日によって違いますので、ハウステンボスのホームページを確認する必要がありますが、

営業終了時間はほとんどが午後21時、午後22時となっています。カウントダウンの日は午前26時まで。

ですので、イルミネーションは21時、もしくは22時までは楽しめます。

 

アクセスと料金は?

image006

住所

〒859-3243
長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
福岡空港から電車を利用される場合(1時間45分)…福岡空港→(地下鉄で5分)→博多駅→ (特急「ハウステンボス」で1時間40分)→ハウステンボス
博多から車で行かれる場合(1時間55分)…太宰府IC→(九州自動車道)→鳥栖JCT→(長崎自動車道)→武雄JCT→(西九州自動車道)→佐世保大塔IC→(国道205号)→ハウステンボス

料金

ハウステンボスの料金は入場時間やアトラクションなどによって料金がとても複雑ですので、
今回はイルミネーションを楽しめる2種類の光の王国イルミパスポート料金の紹介をします。

※ホテルアムステルダムに宿泊する方は購入できません。
※ハウステンボスから場外に退場した場合、再入場は1人1回のみ可能です。

  • 冬のイルミパスポート(16時以降の入場)

冬のイルミパスポートの料金……大人(18歳以上):5,100円 中高生:4,300円
4歳以上小学生以下:3,400円 シニア(65歳以上):4,600円

このチケットは、入場、パークバス、カナルクルーザー、アトラクションなど対象施設の使用料と、ハウステンボス内にある象徴ともいえる建物、パレスハウステンボスの入館付きになります。

クルーザーや光の宮殿などは別途料金が必要となりますが、パスポート提示で割引となります。

クルーザー:別途料金 800円 → 400円(パスポート提示)
光の宮殿::別途料金 600円→400円(パスポート提示)

「せっかくハウステンボスに行くのだから、乗り物や施設の中にも入りたい!」という方におすすめのパスポートです。
少し料金が高めになりますが、これで乗り物などのアトラクションや、豪華なイルミネーションなど、盛りだくさんに楽しめるのでそう考えるとお得だと思います。

  • 冬ナイト入場チケット(17時以降の入場)
冬ナイト入場チケットの料金……大人:3,800円 中高生:2,800円
4歳以上小学生以下:1,800円 シニア(65歳以上):3,700円

こちらは、対象施設利用料金が含まれていない、園内を散策するのを目的とした入場チケットで、入場は17時以降となっています。
21時か22時には営業終了なので、出来る限り17時代には入場しないと、あっという間に時間が過ぎてしまいますので注意が必要です。
ハウステンボスのイルミネーションをメインに楽しみに行かれる方には最適のチケットだといえます。

 

 

ちなみに、どちらのチケットも、10月29日~2月28日までに購入できるチケットという事で公式サイトに紹介されています。
そこである疑問が。

ハウステンボスのイルミネーションは10月~5月までやっているはずなのに冬しかお得なパスポートやチケットがないのかという事が気になったので調べたところ、「春のイルミパスポート」「秋のイルミパスポート」などと、名称が変わるだけで販売は継続してあるようなのでご安心くださいね。

 

 

ハウステンボスイルミネーション2016の見所は?

 

ハウステンボスイルミネーションは全てが見どころです。と言っても過言ではありませんが、特に2016年の見どころは世界最大で世界初の「光のドラゴンロボット」が一押しです。全長13メートル・高さ6.5mの光のドラゴンは記念搭乗スペースも用意されています。
それから、高さ66メートルから流れ落ちる「光の滝」も必見です。ハウステンボスのシンボルタワーである、ドムトールンからあふれ出て来る出て来る光の滝は光のアートガーデンと呼ばれる青い海になり別世界を感じませます。
森の中にたたずむ宮殿では、音楽に合わせた光のショーがステキですよ。
(動画) ハウステンボス花と光の王国

 

ハウステンボスイルミネーションの口コミは?

 

 

いくつかのハウステンボスイルミネーションの口コミを紹介します。

 

 

口コミ①(40代男性)夕刻イルミネーションが点灯しだしてきた頃が一番キレイ。パーク内のエリアごとにイルミネーションの規模も大きく全国イルミネーションランキング1位が納得。LEDでの演出も子供向けではなく、タワーを滝にその先の川に流れているようなレインボーカラーに変わったり。昼間は何もないアートガーデンはイルミの時間帯は巨大アートのようになっていて見応えがあった。

口コミ②(20代女性)ハウステンボス恒例のイベントです。幻想的な世界が広がり音楽と光のがキラキラして何処を見ても楽しめました。すれ違う人ともあそこが綺麗だったよ!
と笑顔で会話したりしてとっても楽しかったです。橋の上から見る方が綺麗でした。

口コミ③(30代女性)クリスマスに彼氏と遊びに行きました。イルミネーションがとってもきれいで、パレードにも大満足でした。また、クリスマスでしたが平日だったこともあり午前中は並ぶこともなくスムーズにアトラクションにも乗れました。夜にはイルミネーションが点灯し、人も増えていい雰囲気に(*^_^*)

(引用: 旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル4travel.jpより)

 

まとめ

ハウステンボスイルミネーションは世界最大1300万球光で本当に見応えがあります。また、2016年は世界初の光のドラゴンロボットが見られますし、きっと想像以上の感動となることでしょう。2016年のイルミネーションはハウステンボスへ行かれみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク