スポンサーリンク

冬になるといたるところでキラキラとイルミネーションがステキに輝いていますね。
今年のクリスマスイルミネーションはどこに行かれるか決められましたか?

近畿のイルミネーションスポットの中でも人気がある、三重県のなばなの里イルミネーションはおすすめの場所です

今回は、そのなばなの里イルミネーションの2016年の期間と点灯時刻、見所や口コミ情報などについていろいろと調べたので紹介したいと思います。

 

なばなの里イルミネーション2016年の期間はいつからいつまで?

 

なばなの里イルミネーションの2016年の期間は以下のようになっています。

期間

2016年10月15日(土)~2017年5月7日まで。

 

10月~5月までやっているのでかなり長い期間イルミネーションを楽しめる環境ですね。

混雑する期間はやはり12月のクリスマスシーズンです。

 

この期間は、地元の人だけでなく、バスツアーなど、遠方からもたくさんに人が訪れるので、ずらせる方は、比較的暖かい10月11月、3月4月5月を狙っていくようにするとゆったりとイルミネーションを楽しむ事が出来そうです。

 

なばなの里のイルミネーションの点灯時刻は?

 

image002

なばなの里のイルミネーションの点灯時刻は、その時の日没頃(17時~19時の間)にあわせて点灯します。

 

10月は、17時半前後が平均的な日没時間になっていますので、そのあたりの時間帯が点灯開始時刻になりそうです。17時から行ってもまだイルミネーションが点灯していない日もあるかもしれません。

11月、12月にもなってくると、17時には日没しているので、早い時間からイルミネーションを楽しむ事が出来ます。

この時期の点灯時刻は17時が点灯時刻になるという事になりますね。

逆に1月、2月、3月、4月、5月は、徐々に日没時間が遅くなっていますので、点灯時刻も遅くなることになります。

時期によって点灯時刻が違うのは少しややこいですよね。

そこで、なばな里のイルミネーションの点灯時間を日没時間を元に計算してみました。

 

点灯時間のめやす

  ※点灯終了時刻は以下に載せています。

  • 10月

17時~17時半の間。

  • 11月・12月・1月

17時~。

  • 2月

17時半~18時の間。

  • 3月

18時前~18時半の間。

  • 4月

18時過ぎ~19時の間。

  • 5月

18時半~19時の間。

 

このような結果になりました。是非行かれるときの参考にしてください。

 

ちなみに、点灯終了時間(営業終了時間)は以下のようになっています。
日にちによって違いますので注意が必要です。

 

21時で点灯、営業終了・・10/17~12/22の平日12/26・12/27・12/31
1/1・1/3~2/28の平日
22時で点灯、営業終了・・土日祝・12/23~25、12/28~30・1/2・1/9
3/1~5/7までの全日

 

なばなの里イルミネーション2016の見所は?

 

image004

 

なばなの里のイルミネーションは、2013・2014・2015年と3年連続で全国イルミネーションランキングで3位に選ばれるほどの本格的なイルミネーションスポットです。

 

最近流行している電気がいろいろと変化して絵が変わるプロジェクションマッピングはあえて取り入れとおらず、本物の電飾にこだわって園内を装飾しています。

 

今年のなばなの里のテーマエリアは「大地」で、絶景の代表である世界の四大陸と日本を代表する美しい景色の5つの絶景が登場します。なばなの里では最もスケールの大きい、高さ 約 30 m 横幅 約 155m という大パノラマになっています。

 

最新LEDにより移りゆく壮大な景観をダイナミックに表現しておりとても感動的です。その他、水上イルミネーションも見応えがあります。
渓流を想定し大河や滝の流れ、変化のある川流れの美しさを光で水があふれる様など、約10分間のプログラム中には、四季の移変りや幻想的な自然現象などを光で見る事が出来ます。そして美しいBGMと共に約640億色のLEDで大自然の美しさのショーは想像以上でしょう。

 

(動画)今年のテーマエリアは大地 なばなの里イルミネーション始まる

 

アクセスと入村料は?

次はアクセスと入村料についてです。

 

アクセス

  • 住所

三重県桑名市(くわなし)長島町駒江漆畑270(ながしまちょう こまえ うるしはた)

  • TEL

0594-41-0787

公共交通機関

 

公共交通機関を利用する場合は、バスが便利です。
名古屋駅近くの「名鉄バスセンター」から、「なばなの里行き」の直通バスを利用しましょう。他にも「近鉄・関西本線」を利用して、桑名駅、と長島駅で下車する方法もあります。
車の場合

 

車でのアクセスは、東名阪高速道路・伊勢湾岸自動車道が便利です。
東名阪高速を利用する場合、長島ICで一般道に降り、そこから10分ほどで到着します。または、伊勢湾岸自動車道の場合は、湾岸長島ICから一般道に降りて15分ほどで到着します。

なばなの里には普段3000台が収容できる、無料の駐車場がありますが、イルミネーションの開催期間は、さらに2700台分臨時に増設され、合計5700台が無料で駐車することが出来ます。

 

しかし、週末や年末年始、クリスマスイベントがある日には満車になる可能性が高く、そのような混雑日は「ナガシマスパーランド」に誘導されます。
こちらには13,000台もの駐車スペースがあります。駐車場代金は無料で、なばなの里までは、無料シャトルバスが運行しています。

 

 

入村料

入村料 2,300円(小学生以上)。小学生以下無料。

 

里なので入村料と言うそうです。おもしろいですよね。

 

 

内1000円はクーポン券で、食事やお土産店で利用できますので、
実質、入村料は13,00円という事になりますね。

 

 

小学生以下は、無料で入村する事が出来るので、小さいお子さん連れの方はすごくお得です。

なばなの里イルミネーションのアクセスと口コミは?

 

参考になる口コミをいくつか紹介します。

(口コミ①)
なばなの里が全国的に有名になったのは、このウィンターイルミネーション。 キレイさや洗練度で言ったら、都会のイルミネーションには勝てないけれど、なばなの里は、規模で勝負です! これなら確かに東京では実現できないよね!というエリア全体を使ってのイルミネーションを楽しむ事が出来ます。 週末や連休、冬休みなどの時期は、イルミネーション点灯時、前に進むのも大変なほど混んでると聞きますが、平日はそこまでの混雑もなく見学できます!
光のトンネルというイルミネーションもかなりキレイなのでオススメ!
ウィンターイルミネーションという名前ではありますが、5月くらいまでやっていますので、結構長い間楽しむ事が出来ます。

(口コミ②)
関東から日帰りで行きました。
JR関西の長島駅から直通バスで10分ほど。
バス代は\220ですがお釣りが出ないので注意です。
日本一のイルミネーションと聞いていましたが、確かに今まで見たイルミネーションの中では断トツでした。湖の周りを一周するようなコースになっていて、最後の方にある光のトンネルは出口が見えない程長く、ハイジのイルミネーションはとても壮大で見応え充分でした。
私が訪れた時期は丁度河津桜と枝垂れ梅のライトアップもありとてもきれいでした。
入場料\2,200と少し高めに感じますがその内\1,000は金券になっており、お土産屋さんなどで使えるのでお得だと思います。
全体的に本当に良かったのでまたいつか訪れたいと思いました。

(口コミ③)
友人の間で評判がすごくよかったので出かけてみました。
華やかな菜の花の時期と比べると冬はちょっとさみしい感じなのかなと思っていましたが、冬にも楽しめる色とりどりのベゴニア&豪華なイルミネーションで、春とはまた違った楽しみ方が出来ました。
光のトンネルやナイアガラの滝など、様々な趣向を凝らした展示がされており、同じイルミネーションでもそれぞれに驚きや感動があります。
混雑時はかなりの行列ができますが、360℃パノラマで楽しめる高さ40mからの夜景は必見ですよ!
園内に各種レストランが併設されており、ロマンチックなイルミネーションを楽しみながら食事も楽しめます。
前売りチケットをコンビニ等で買っておくと、スムーズに入場できて便利ですよ♪

(引用:すべて口コミ 旅行のクチコミと比較サイト フォートラベルよりhttp://4travel.jp/)

まとめ

 

なばなの里のイルミネーションは壮大な敷地にキラキラと眩しい程に光輝く、パノラマの美しさで毎年多くの人に感動をあたえています。

寒くなり、より一層空気が澄んできた今の時期が一番のイルミネーションの見頃なのは言うまでもありませんが、今年のイルミネーションは是非、なばなの里でステキな夜をご家族やカップル、お友達とお楽しみ下さい。

スポンサーリンク